知識産業戦略会議

昨年、コロナ19の普及以来、主要デパートの高級品の販売台数は大幅に増加した。コロナ19ワクチン接種拡大とトラベルバブル(旅行安全圏域)の推進により、海外旅行を準備する消費者が大幅に増えた。ともすれば、高級販売主導権が再び免税店に移ることもできる。

22日百貨店業界によると、各デパートは、高級販売量を維持するために、以前よりも積極的なマーケティングを準備している。ロッテ百貨店は21日までに、高級売上高が前年同期比59.5%増加するなど、人気を呼ぶ海外名品構成費を現在の33%水準から50%以上に引き上げるという戦略を立てた。来年末までにソウル小公洞本店を高品質名品館に変えるために、5階の男性名品館に合計30個の海外ブランドを誘致し、下半期には6階まで順次名品店を配置するなど、全面リニューアル工事に入った。また、蚕室店は、昨年ルイヴィトン・マンズに続き、今年3月にはグッチ・マンズ、6月にはバーバリーマンズ、ドルチェ・アンド・ガバナを開いたし、仁川ターミナル店もウィブロ・オメガなどの男性時計とバリ・生老ランなどの男性ファッションブランドを15個追加した。

現代デパートもソウル狎鴎亭本店を若者のための高級ショッピングスペースに変貌させることにした。4階を男性ブティック名品館である「マンズラグジュアリー館」に改装してプラダウォーモ、ドルチェエンガバナオモストアなどを追加したのかと食品館もアップグレードしている。現代デパート関係者は「顧客がデパートではなく免税店で名品を購入するか予断するのはまだ早い」として「業界初の名品需要が高い若年層を狙って2030専用VIPメンバーシップを導入したが反応が熱く、8月より現代ソウルと板橋店に専用ラウンジを開くなど名品マーケティングを細分化する計画だ」と話した。

新世界百貨店は2016年新館増築以来初めて江南店に変化を与えている。3471平方メートル(1050坪)規模の国内最大の海外ファッション専門館で140以上の海外有名デザイナーブランドを披露したのに続き、今年下半期には1階と2階の間の中層空間に高級ブランドを追加してオープンする予定だ。구글상위노출 特に‘ジプコク族’のための高級ホームインテリア事業を強化し、昨年9月に業界初の約66m2(20坪)規模のプレミアムリビングコンシェルジュサービスを披露した。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다